シミ取りレーザー、かさぶたができないのに効果がある?

シミ取りレーザーの治療を受けると、施術後は照射した部分がかさぶたになります。

かさぶたになるだけなら良いのですが、赤みが強く出たりすることもあり、ダウンタイムの期間(約1週間)は肌が過敏な状態になっているのでメイクができません。

よく、自転車で転んだあとにかさぶたになっているのを想像していただきたいのですが、かさぶたのあとはきれいな皮膚がでてきますよね。この原理を応用しているのが皮膚科のフラクショナルレーザーです。

レーザーによって皮膚に小さな穴を開けることで、肌の生まれ変わりを促進するものです。このレーザーは「剥離(はくり)型」と呼ばれ、その言葉からみてもわかる通り、はくり、つまり”はがす”という意味です。

この原理を使っているシミ取りレーザーを家庭用にまで落とし込んだのが「トリア・スキン・エイジングケアレーザー」。日本ではまだあまり知られていませんが、欧米を中心に世界で売られているレーザー美顔器です。

かさぶたができないシミ取りレーザーのワケ

トリアのスキンエイジングケアレーザーはシミ取りレーザーと同等の効果を発揮するのに、かさぶたはできません。そのため、ダウンタイムが少なく、お手入れの翌朝にはメイクをすることができます。なぜかというと、皮膚に実際に穴を開けるわけではないからです。

皮膚に穴を開けないのにどうして効果があるの?というと、皮膚科のレーザーと同じ技術を応用しているから。トリアのレーザーは「非剥離(はくり)型」のフラクショナルレーザーなんです。

シミ取りレーザーの原理

出力は医療用と比べて小さくなりますので、医療用のように数回の施術でシミがなくなるわけではありませんが、2ヶ月間毎日照射すると、医療用の3~5回分と同じ効果になります。

かさぶたができないと効果ないんじゃないの?

実際に皮膚に穴を開けるということはそれだけ出力が高いので、効果も高いように思えます。確かにそうですが、それが言えるのは「早く効果があらわれる」ということだけです。

施術後1週間のダウンタイムのあとは、前よりもきれいな皮膚になっているでしょう。つまり1週間後には前よりも良い状態になっているということです。

とはいっても、濃いシミは1回の照射では消えません。数回施術する必要があります。

その点、トリアは出力が弱い分、1週間後の皮膚を比べたら皮膚科の1回には及びませんが、「医療用と比べて効果が出るのが遅い」ということだけです。

急激にエネルギーを与えるか、じわじわと与えるかの違いで、最終的な肌の状態は同等だと思っていただいて良いでしょう。

ダウンタイムが1週間あるというのは辛いです。出力が高い分、赤みが強くでますし、メイクはできません。すっぴんで過ごす必要があるので、お勤めされている方や、人に会う機会がある方は辛いのではないでしょうか。

シミ取りレーザー治療をしたいけどなかなか踏み切れない人が多いのは、このダウンタイムが原因なのです。

トリアと医療用は別のレーザーですが、世界中の医療用レーザーは、実は半数以上をトリアが開発しています。医療用レーザーの特許はトリアがほとんどもっているため、他社は作りたくても作れないという実情になっています。

ということは、技術をトリアが持っているということなので、家庭用のトリアも同じ原理で作られているんです。それを考えれば、病院でシミ取りレーザーを受けるか、自分でやるかの違いです。

自宅でできるということはランニングコストがかかりません。厳密にいえば、本体を充電する電気代がかかりますが、微々たるものです。

皮膚科での治療は3ミリあたり5,000円~が相場で、なおかつ1個のシミを消すのに3回以上の施術が必要です。

トリアの2ヶ月分は医療用の3~5回分相当の効果ということなので、金額を考えてもトリアがいかに優れているかがわかります。

しかも全顔やってもランニングコストはかかりません。医療レーザーでは1箇所に数万円ですから、10個のシミを消したい場合はどれほど費用がかかるかがわかりますね。

ちなみに、トリア・スキン・エイジングケアレーザーの技術は、白斑の治療につかわれています。

白斑といえば、カネボウの白斑問題が記憶に新しいです。美白化粧品を使ったことで、皮膚表面が白くなってしまう症状です。

ロドデノール配合薬用化粧品による白斑症状の原因究明・再発防止に関する研究班
引用元:白斑症状確認数(厚生労働省)

白斑の治療に使われているということは、シミを追い出すことができるという証明でもありますね。自宅で医療並みのお手入れができる美顔器はトリア・スキン・エイジングケアレーザーだけです。


トリア・スキン・エイジングケアレーザーのまとめ!

皮膚に実際に穴をあけないのでダウンタイムがほぼなし2ヶ月間の照射で医療用の3~5回分と同じ効果
医療用レーザーの特許をほとんど持っているので信頼性が高い
ランニングコストがかからない
白斑の治療にも使われている

自宅でできるレーザー治療はトリア!

▲ページトップに戻る