イオン導入ってどんな仕組み?

イオン導入:微弱な電流を流して水溶性の成分をイオン化し、肌の奥まで浸透させる方法

塗るだけではなかなか浸透しない美肌成分、ビタミンCが肌の最深部まで届くのがポイントです。

イオン導入の仕組み

イオンの種類、-(マイナス)とか+(プラス)って聞いたことがある人も多いはず。

そもそもイオンというのは原子が電気を帯びたもののことをいいます。その電子の数によって-・+と種類分けされるのです。

私たちの体内は電解質で満ちていて身体の組織には、電気的性質を帯びた陽イオンと、陰イオンが存在し、一定の電気現象を生じています。ですから、電圧をかければ電流が流れるということがわかります。

元々、私たちの皮膚には電気的バリア機能がありどんな化学物質も角質層より奥には浸透しないようになっています。

美容外科などで行われている治療法にはメスを使った外科的治療であったり注射などが一般的。最近注目されているのが、自宅で簡単に出来るイオン導入。

電気的な層であるバリアゾーンをイオン導入法によって開放し、有効成分を浸透させる事ができるんです。

痛みや刺激が少なく「針を使わない注射」と言われるほど安全な方法です。

微弱電流を流すことで、有効成分をイオン化し、体内に存在する対極のイオンを皮膚にあつめます。イオンは、対極イオンとむすびつきやすいので、皮膚のプラスイオンがマイナスイオンの有効成分とむすびついて、肌の奥へと浸透していくという仕組みになっています。


美容成分を肌の奥まで効果的に浸透させる。

肌へのダメージを抑えてケアが可能

簡単で安全。自宅でもできる手軽さ

肌にとって様々な効果をもたらしてくれるビタミンCのイオン導入が一般的で、普通に手塗りするにに比べ約30~40倍もの浸透力をアップさせると言われています。

導入・導出、マッサージや超音波機能など様々な機能を兼ねそろえたタイプのものもあるので、是非チェックしてみてください(^^)

美顔器ランキングTOPへ

▲ページトップに戻る